あいり歯科クリニック
〒358-0023
埼玉県入間市扇台6丁目8-4
TEL:04-2907-1188
駐車場8台

診療時間
月曜日~土曜日
午前 9:00~12:30
午後 14:00~19:00

※土曜日は17:00迄の診療となります。
休診日  日曜日・祝日

- 各種健康保険取扱い -

歯周検査

あいり歯科クリニックの歯周検査

歯周病が疑われると歯の周りの歯肉の状態、骨の状態などを調べる下記の歯周病の検査を行います。

視診

まず口の見せていただき、気になっている症状をお聞きします。

歯周ポケット検査

歯周ポケットといわれる歯と歯肉の隙間の深さを測定します。歯周病になると歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)が深くなりその中に歯石がたまります。

X線写真検査

歯周病が進行して骨が溶けていないか、虫歯になっていないかなど。2次元的にチェックします。大きい写真1枚ではなく、細かい写真を10枚撮ります。その方が細部までよく見えるのデメリットは大きいです。

口腔内写真検査

初診時の口腔内写真撮影を撮影します。自分で歯の裏側とかを客観的に見ることができます。
患者さん自身が口の中の状態を把握しやすくなりますので、理解が深まります。また、長期にわたる口腔内の変化を分かりやすく管理できるようにしています。

   
   

歯の動揺検査

歯1本1本の動揺度を検査します。歯の動揺が大きいほど歯周病が進行している可能性が高いです。

歯型の採取

歯型を取り咬合器に取り付けます。患者さんのかみ合わせなどを再現でき客観的に見ることができます。

歯と歯の離間測定

歯と歯の隙間が適切かどうかを測定します。隙間が多い場合は食べかすがつまり、虫歯と歯周病が急速に進行します。

歯周ポケットからの出血・排膿の検査

歯周ポケットからの出血・排膿は歯肉に炎症がある証拠です。
その他、付着歯肉の幅の測定など20項目を診査します。
上記の検査を行い口の中全体を診断し、治療計画を立案し同意を得た後で治療に入ります。治療の合間をぬって歯周病の説明(およそ15分)、虫歯の説明(およそ15分)をしていきます。下手な治療よりも、この説明を聞くこととハブラシの練習をすることが一番いい結果につながると確信しております。
あいり歯科クリニックではレントゲンの見方などを詳しく説明していくと、自分の歯周病の進行度が自分自身でわかるため、今まで他の歯科医院に行ってレントゲンも撮影しているのに、どうして教えてくれなかったのでしょうかと尋ねる方もいらっしゃいます。手遅れになる前に是非検査を受けてみて下さい。