あいり歯科クリニック
〒358-0023
埼玉県入間市扇台6丁目8-4
TEL:04-2907-1188
駐車場8台

診療時間
月曜日~土曜日
午前 9:00~12:30
午後 14:00~19:00

※土曜日は17:00迄の診療となります。
休診日  日曜日・祝日

- 各種健康保険取扱い -

歯周病は命にかかわる病気です

歯周病が実際はどんなものかあなたはご存知でしょうか?

歯周病は歯を支える骨を溶かして、やがて歯が抜け落ちてしまう本当は怖い病気です。しかもそれが、全身疾患の原因になっています。
最近の研究では、口腔細菌が血流内に入り込み体内をめぐることが明らかになってきました。
口腔細菌に対する身体の反応は、心臓疾患、糖尿病の悪化、肺炎やその他の呼吸器疾患、脳卒中、さらに低体重児早産など深刻な全身疾患を引き起こす危険因子が高いということが、近年の研究結果で報告されています。

糖尿病の人は歯周病になりやすい

歯周病と糖尿病との間には相互関係があります。
糖尿病の患者さんは

  1. 外的から体を守る働きをする白血球の機能が低下しているため感染症にかかりやすい。
  2. 全身の血行障害も顕著なため、歯周病が重篤化しやすい。
  3. コラーゲンの合成がうまくいかない。

などの理由で健康な人よりも歯周病に罹りやすい事は以前から知られていました。糖尿病に罹患している人の歯肉は炎症を起こしやすく、歯周病は重症化しやすい傾向にあり、歯周病があると糖尿病の血糖値のコントロールが難しくなります。糖尿病に罹っているいないにかかわらず歯周病の治療は大切ですが、特に糖尿病の人は、血糖値をコントロールする上でも、歯周病の治療が重要となります。
そのため歯科医院での定期的なチェックと専門家による清掃で、常に歯やお口の中を清潔に保ってください。

歯周病の改善が糖尿病の改善に影響する

歯周病の治療により糖尿病が改善したという報告があります。糖尿病が改善されると歯周病も良くなり、歯周病が改善されると糖尿病もよくなります。歯周病の治療を行うことにより、糖尿病がコントロールされ、生活習慣を改善することは、歯の延命につながり、快適な食生活を維持し続けることになるのです。

歯を適切なブラッシングで清潔に。糖尿病で歯周病がある方が注意すること。

歯周病(歯槽膿漏)は適切な自己管理が必要です。放っておくと症状はどんどん悪化してしまいます。常に口の中を清潔に保つための知識と技術を習得して、定期的に歯科医院において歯石除去やPMTCを受けましょう。

生活習慣を見直しましょう

糖尿病は、歯周病を悪化させる条件になっています。歯周病を改善するためには、糖尿病そのものを治療していくことが必要です。「糖尿病」と「歯周病」は、どちらも生活習慣病です。自分の食生活やライフスタイルを点検し、病気を悪化させている習慣を改善していきましょう。糖尿病そのものを治していかないと、歯周病の治療が無駄になってしまうこともあります。