あいり歯科クリニック
〒358-0023
埼玉県入間市扇台6丁目8-4
TEL:04-2907-1188
駐車場8台

診療時間
月曜日~土曜日
午前 9:00~12:30
午後 14:00~19:00

※土曜日は17:00迄の診療となります。
休診日  日曜日・祝日

- 各種健康保険取扱い -

歯周病とタバコ

タバコが及ぼす影響

喫煙と歯周病の関係は、数多く報告されており、ある報告によると、タバコを吸う人と吸わない人では歯周病の進行は6倍以上も早いという結果もあります。

口腔衛生状態とタバコが歯周病に及ぼす影響

口腔衛生状態が悪く、喫煙している人は非常に高い確率で歯周病になります。
口腔衛生状態の良い人は喫煙者でも中程度・重度歯周病の比率は50%以下ですが、口腔衛生状態の悪い人で喫煙者は中程度・重度歯周病の比率は80%にも及んでいます。
つまり口腔衛生状態が悪く、喫煙している人は非常に高い確率で歯周病であることが言えます。

スモーカーズフェイス

タバコを吸う人に特有の顔つきを「スモーカーズフェイス」といいます。
年齢に比較し、
●しわが多く、
●しみや吹き出物などの肌のトラブルが多く、
●唇や歯肉が不健康に黒ずみ、
●歯の表面へのヤニの着色が目立ちます。
1本のタバコを吸うと、ビタミンCの1日の必要量の約半分が使われてしまいます。どんなに配慮した食事や果物摂取をしても、皮膚細胞の老化に追いつきません。喫煙は、美肌や健康的な歯肉の色の大敵です。

命を脅かすタバコの弊害



この表はイギリスにおける喫煙と生存率の表です。喫煙習慣があると無い人に比べ、明らかに生存率が悪くなり、60歳ぐらいを境にはっきりと違いがでてきます。イギリスのデータですが、喫煙者には非常にショックなデータだと思います。もしあなたが長生きを望むなら、真剣に禁煙を考えて下さい。

歯周病と禁煙のすすめ。全身の健康を壊す喫煙習慣。

1997年、先進国の死亡原因の最大の原因は、喫煙と受動喫煙の害にあるとWHOが警告を発しています。

お口の健康をも害するタバコ、この際、真剣に喫煙習慣を見直してませんか?

喫煙による健康被害

口臭:ヤニと煙の特有な臭いがします。
着色:歯や歯肉がヤニで黒くなります。
歯周病:歯周病を悪化させる一番の要因です。
進行を促進し、重症化させます。また治療の効果も出にくく、再発しやすくなります。
がん:喫煙者は、口腔や咽頭がんの発生率が非喫煙者の3倍です。咽頭がんでは、何と32.5倍です。

夫が喫煙している場合の妻の肺がん死亡率

妻が喫煙していなくても、夫が1日20本以上喫煙していれば、妻の肺がんで死亡する確率は2倍になります。喫煙は家族にも影響するのです。タバコを吸わない人も喫煙者の煙を吸うことにより間接的に煙りを吸っていることになります。
タバコを吸っている人は煙をフィルターを通して吸うため有害物質が少しは除去されますが、タバコを吸わない人はフィルターを通さず煙を直接吸うため有害物質が多く含まれている煙を吸う可能性があります。タバコは吸っている人より、そばにいて吸わない人の方が悪影響を受ける可能性があるのです。

喫煙が胎児に与える影響

通常、血液中に存在するヘモグロビンは肺より取り込まれた酸素と結合して、体中の組織に酸素を運搬していますが、喫煙すると煙の中に存在する一酸化炭素がヘモグロビンと結合し、酸素を胎児に運搬するのを阻害します。
更にニコチンの血管収縮作用のために血流量が減少し、栄養の運搬も阻害します。また、母親が喫煙していなくても、周囲に喫煙者がいれば危険度は増加します。